<   2014年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2014年 09月 22日

ひまつぶし

毎週日曜の朝から昼頃にかけては家族で一週間の買い出しに出かけます

全部で三店舗ほどまわるのですがこれまではいつも退屈な時間をすごしていました

そんなある日、下のチビと店内をうろうろしている際にあることに気が付いたのです
それは店内のあちらこちらに見受けられるいい加減な戻され方をしている商品の数々です

皆さんも良く見かけると思いますが買おうと思ってかどうかは知りませんが、
一旦はカゴの中にいれた商品が必用のないものと気が付いた時、
元の棚に戻せばよいものを適当な場所に置いて行ってしまうというもの

お菓子売り場に唐辛子、調味料売り場に小豆の缶などなど・・・

はじめはただのふたりで報告をしたりされたりだけだったのですが、
そのうちそれが笑いをさそうようになりいまでは間違いをみつけたら本来の場所を探して戻すという遊びになってきました
d0192112_21180973.jpg
運転手だけで買い物につきあっているひとは結構暇つぶしになります

ただあまり一生懸命に探していると気持ちがワルくなってしまうときがあります

ご注意ください(笑)


by pat_mthny7205 | 2014-09-22 21:18 | iroiro | Comments(2)
2014年 09月 20日

20.sep.2014

きょうは曇っているようですがこれまで関東南部は雨が降るようなことはなく、
比較的過ごしやすい天気に恵まれていました
d0192112_21235710.jpg
先月の高音ドライバー変更後の効果は可なり不満を減らすことのできた音に変わることが出来たと感じています
おかげでデジタルイコライザーのディスプレイはオフにしたままになっています

そうなると面白いもので毎日の音楽を聴く時間にも変化が出てくるものです

これまではオーディオのスイッチすら入れないときもありましたが
ここのところは毎日かならず2,3時間は音楽を聴くようになりました

これは明らかに気に入った音で音楽が鳴ってくれるからに他ありません
不思議なもので毎日CDをかけるとこれまでわからなかった発見があり、
そして心が躍っているのが自分でもわかります

良いCDにはお宝が入っているようです

そして指向性の強いと云われるホーンですが、
不思議とどこで聴いてもバランスが良くまた感心する「音」が聞えるようにもなりました

このような音を聴くことが出来るようになってから最近はときどきあの方を思い出します

しかしだからと云ってあの方のお宅にのようにはいきません

ここではその一部分のシステムについてになりますが、
各SPユニット、そしてアンプ類などもグレードがたかいのでとても「あのような音」は難しいです

「あのような音」とは、
時には耳元に優しく聞えるピアノの音やボーカルの声
また時にはホールの特等席に座って大編成のオーケストラが奏でるメロディーを聴いているかのような演奏

その時のことを考えていたらゴローさんの仰っていたある言葉が思い出されました

オーディオ機器は様々なブランドからでているけれど、
アンプひとつとっても同じブランドでまた様々なグレードがある

同じ機能のものでグレードの高いものと低いものとがある場合、
基本的にどうしてもグレードが高いものは価格も高くなってしまいます

確かに機能面では同じかもしれないが音は大きく違います
スズキアルトとメルセデスほどの違いくらいかなぁ

そうです

以前にも述べましたが大排気量の車で余裕のあるゆったりとした走行

そしてゴローさんのオーデイオのグレードで余裕のある音

このあたりが私の音と大きく違う部分かと思われます
これは今ある機器でどう調整しても得られるものではありません

でも今回のドライバー変更により必死にならずともピントのある良い音が出るようになりました
ちょっと違うのですがこのおかげで弱い部分もカバーできているようにも感じます

ここのところ帰宅後の生活がとても嬉しくもあり楽しくもありです

家族の理解も有り(?)毎日静かに音楽を楽しんでいます

時には音楽を止めこの時期外から聴こえる虫の音を聞きながら読書をしても良いでしょう

TVの音が聞こえないだけでこれだけリラックスできるのですから秋はとても贅沢な季節です

あっ、ゴローさんはTVも大好きだったはず

まあ、番組の内容にもよるんでしょうけれど自分は少々うるさい印象が先に出てきます
d0192112_21201729.jpg
そういえばあれから二年経つんですね

早いものです

それぞれひとによって違いはあるとはおもいますけどね・・・




by pat_mthny7205 | 2014-09-20 08:52 | audio | Comments(0)
2014年 09月 14日

ホーン・スピーカー!

今日は東名高速が規模の大きい渋滞だったようで近くの保土ヶ谷バイパスも動きが良くなかったです
影響は一般道にも出ていたのでどこへ行くにも裏道を通るしかなかった休日の午前でした

d0192112_18491250.jpg

最近良く聴いているハイティンク"THE SYMPHONY EDITION"から
シューマン 交響曲第一番"SPRING"
このボックスはベートーベン、ブラームス、ブルックナー、マーラー、シューマン、チャイコフスキーのシンフォニーが収められています
録音の質は良く、なかでもベートーヴェンとシューマンは録音が新しいので素晴らしい出来です
ロベルト・シューマンのシンフォニーはしっかり聴いたことはなくこれが初めてです

曲はさらに聴きなおす必要がありますが親しみやすいメロディーラインが体にスッとはいってきて、
ベートーベン、ブラームスとはまた路線のちがう印象があります

帰宅してからオーディオ周りのちょっとしたレイアウト替えをしていた時のことです

下の子供が自分の携帯ラジオでNHK-FMのクラシックをかけてくれました
結構はっきりと聞こえるなあと思いながら作業をすすめ、
一通り終わった後ラジオの方をみてみるとこんな感じでした
d0192112_18495619.jpg
いわゆるひとつのホーン・スピーカーです
d0192112_18494512.jpg
(後ろから)
これはすばらしい

子供に訊いたら「いちばん良く聞えるようにとおもって・・・」だそうです


by pat_mthny7205 | 2014-09-14 18:52 | iroiro | Comments(2)
2014年 09月 07日

2014-8-31つづき

なんといってもこのホーンを下したり載せたりするのが可なり大変です
なぜならオール鉄製+カーボンタップリ載せなのでとても重いからなのですが、
それにしてもホーンの重量は果たしてどれほどなのでしょう!?
d0192112_15560543.jpg
持った感じは可なりのものと感じますがおそらく30㎏以上はありましょうか
さらに悪いことにエンクロージャーが結構高さがあるので椅子の上に立ってその作業をしなければなりません

これは重労働です
そういえばこのホーンを最後に持ち上げたのはいつの頃か知らん
3、4年ほど経つでしょうか

最近めっきり体力が落ちているのを感じている私としてはとても不安です

ホーンと心中なんかしたくはありませんが結構自身がなかったりしてコワいのです
d0192112_15573397.jpg
架台の組み立てであるていど単純な寸法だけはだしていたのですが、
横から見たEX-150Cホーンの顎部というかノド部R形状は寸法で追っかけることはできません
ここは実際に新規のドライバーユニット+ホーンとEX-150を置いて位置決めをしながら組み立てていくしかありません

そしていよいよホーン載せの作業です

はじめの片側はまだ体力があるので自力で出来たのですが、
やはり想像どおり重いのと架台の位置がピンポイントなためにスムーズには載せられませんでした

それがさらにもう片側のときとなると体力だけではなく気力も使い果たした状態で、
ホーンを一旦腰の位置まで持ち上げることすら躊躇されるほどです

最後の気力と力を振り絞って肩に担ぎいよいよSPまえにおいた椅子の上にあがろうとした時です
右足はのせられてももう一方の左足がどうしても上がりません
台として使用したピアノ椅子に上げた右足の上にホーンを一旦おいた姿勢で暫く気持ちを落ち着けました

上手い具合にタイミングがつかめず今思えば2分以上はそのままの姿勢だったと思います

そこに階下からトントンと軽快な足音が聞こえてきます

ここは猫の手も借りたいというか藁をもすがる思いで声をかけ「合図をしたらお尻を上に押し上げて!」
とお願いした先は我が家のホープ、チビすけくん!

「イチ、ニイのサン!!ヨイショ!!!」

勢いはありましたが上りきれなく下に落ちそうになるところを何とか踏ん張ってとどまり、
どうにか2台目のホーンを載せ終えることが出来ました

(その後その日ばかりか1週間ほどはホーンを担いだ方の肘関節をわるくしてしまいました 泣)

またしてもとりあえずそのまま鳴らしましたがバランスがとてもよろしくなく聴けたものではありません

左右それぞれのSPの音を調整したのちに全体の音場補正をしました

そうした調整後のシステムから出てくる音楽を聴いたら、
それまでの苦労が一気に報われたような気持ちになりました

d0192112_21473388.jpg
それを感じたソフトがRCO LIVEのマーラーの五番です

大分前に購入していたこのCD
これまで封を開けるタイミングを逃していました
良い機会と考えはじめの曲にとCDプレイヤーに載せました

それほど期待はしていなかったので聞き流す程度のつもりで聴いていましたが、
ティンパニの下から突き上げてくる音、コントラバスの音楽全体を支えるしっかりとした低音など、いままで家では聴いたことがない再生音で部屋中が満たされた時はどうにも驚きました

しかしここまで鳴るのならばまだ調整のしようで更に良くなるはずと、
ユニットの特性を調べたのちにそれを考慮したうえでチャンデバによるクロスやスロープそしてレベルの調整

更に音場補正はそのままに、
ユニットに負担がかかりすぎない程度でEQによる不足分の補正

それにより古いグールドの録音でも、
これまでよりも距離の近い鼻唄や木の質感がわかる椅子のきしむ音がところどころ聞える迫力あるグールドのピアノが再生できるようになりました
そして何より小さめの音でも音痩せのしない再生音になったことは嬉しい限りです

さらにチャンデバで調整し不足気味の高音域が出るようにしたことにより、
低音域の軽快さを得ることが出来ました
d0192112_15565389.jpg
その段階で弱いユニット部分を強力なユニットでカバーするようなセッティングにも思えますがそれが決してそうではありません

実際調整の結果として既存ユニットの有・無では明らかに中低音の厚みと丸みに違いがあるのははっきりしています

今後は気になるノイズ対策です
その為には適したアンプが必要です
高音部は以前ゴローさんから教えてもらったのがありますが、
中低音はどんなものが良いのでしょうかねえ
A社が増えるとゴローさんが云っていた「シスコンみたい」ってのになってしまいますね
d0192112_22575971.jpg
さて、これからの秋に向け楽しみなCDもいろいろ発売されているようです

最近好きな季節が変わってきました
体に負担の少ない優しく過ごしやすい季節がやはり良いですね

今年の秋はこれまでにないほど不満が減ったシステムで純粋に音楽だけを楽しめる秋になりそうです



by pat_mthny7205 | 2014-09-07 16:48 | audio | Comments(2)
2014年 09月 02日

ライブ・スケジュール


今月のライブスケジュールです

d0192112_23091317.png

注目は厚木でのトリオライブ

しかし残念なことにまたしても平日なのです

週末と月の件数をみると圧倒的に都内が多いですが、

地方よりはこっちの方が客も入ると思うけどきっとそんな問題ではないのでしょうね

都内から電車で25分もあれば来ることが出来る場所

横浜市内の拠点をもっと増やして欲しいですね


by pat_mthny7205 | 2014-09-02 23:11 | favorite | Comments(0)