One's Sound

shigy65.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 11月 26日

今度のは「家庭向け」

ドライバー換装のためのアダプターの製作に当たりポンチ絵を作成しました
d0192112_21201614.jpg
現物を測定しながらラフを作りパワポで成書します

発注しておいた材料を納入するついでに作業者と打ち合わせ
注記にもある通り注意点はドライバー側、ホーン側それぞれの内径に大きな面取りは入れないことです
通常は最大径との距離がある内径にはC0.5とか1.0程度の面取りは入れますが、
ドライバーからホーンへ続くトンネル内部を音がスムーズに通過できるようにしたかったのです

このドライバーは内径が1.5inchと中途半端な寸法のためメーカーでもアダプターを用意していたようです
各部の寸法はわかりませんが画像を確認する限り面取りがあるようですし、
何しろ見てくれが“良くないのでこれにお金を出す気にはなれません

待つこと約一週間
けっこうはやく形になりました

翌日の休日には取り付け作業に入ります
前もって準備しておいたボルトとワッシャーで組みはじめましたが、
設計ミスはなくすんなり組み終えました
d0192112_21244619.jpg

d0192112_21242961.jpg
設置は若干すわりが良くありませんがアダプターの重量があるのでかろうじてバランスは取れています
のちに改善のため調整をいれる必要がありますが、
しかしどうみてもメーカー品よりこちらの方が見た目が上ですね
d0192112_21270852.jpg
加工時間を訊いたらprg作成+段取り+加工(旋盤とフライス)で10時間
切削量が多く硬い材質なので結構かかりました
チャージ(時間単価)はご想像にお任せします

さて初めに何を聴こうかと
d0192112_21253895.jpg
考えた挙句これまで何度も聴いているブレンデルのバッハです
このアルバムはそもそもの録音からしてそうなのかもしれませんが、
細かいとか繊細とかいうような音が入っている印象はありません

ブレンデルの演奏そのものが素晴らしく選曲も気に入っているのですが、
その愛聴盤をこの435Beは飛びぬけて細やかな表現で鳴らしてくれました
この辺りがプロ向けとコンシューマー向けの違いなのでしょう
ブレンデルの伴奏でディーズカウのシューマン歌曲がありますがそれに可なり近づいた感じがあります
d0192112_21264747.jpg
THESE ARE SPECIAL TIMES / CELINE DION
#1:O HOLY NIGHT
#2:DON'T SAVE IT ALL FOR CHRISTMAS DAY
d0192112_21255254.jpg
THE HUNTER / JENNIFER WARNES
#1:ROCK YOU GENTLY
d0192112_21261095.jpg
                     SOLO / LYLE MAYS
                      #9:LONG LIFE

続けて3枚聴きましたがこれら作品共通のデジタル音はとてもうまく再生されます
ただ4250jと比べ上の帯域が5,000Hzほど低い435Beですが華やかさがあるので高域が要調整です
評価としてはどこがどう変わったというよりも感覚的に上手なバランスの取れ具合で鳴るようになりました

わたしの課題はホーンSPを使って強調されない自然な音楽をいかに鳴らすかということです
ただポン置きではホーンが強調されるそのままの音になってしまい、
せいぜい良くてジャズを聴く程度のオーディオどまりです

ジャズだけではだめなのです
クラシックも同じセッティングで鳴らせなければ意味がありません

ぞくぞくする音で音楽が楽しめるようになること

臨場感満載の音楽がまさにそれです

d0192112_21251766.jpg
これからアナログの調整(プーリーとノイズ)やたまっているたくさんのCDやLPの消化(?)や、
全体的な片づけとやりたいことは色々です

年内にクリアしそうにはありませんが少なからず退屈にはならないで済みそうです















by pat_mthny7205 | 2017-11-26 18:19 | audio | Comments(0)


<< イヴのまえの日      グレード >>